代表挨拶


100人の未経験をITエンジニアとして「伸ばす。咲かす。」

これが弊社の目指す、ノバストサカス、最初の目標です。

新しい風を。
新しい色で。
新しい仲間が。

未経験者だった人達が、次の世代の未経験者を応援、教育、育成できるように。
そんな素敵な循環を生み出せる会社となれるよう取り組んでいきます。

ノバストサカス株式会社
代表取締役 浅井崇弘

 

代表紹介
出身 岡山県
WEBサイト ママチャリで日本一周している経営者の記録
略歴 2004年04月 大手通信会社(現:株式会社USEN)に新卒入社
2004年05月 2ヶ月で退職。
2004年07月 ベンチャー社長に騙され、夜逃げされ、借金数百万
2004年08月 正社員の道になかなか戻れない社会の現実を痛感
2005年01月 紹介で知り合った社長とIT企業立ち上げに従事
2007年09月 業務を引継ぎながら、会社設立
2009年12月 100人社長インタビュー 開始
2011年01月 雇用支援、社会参加支援への取り組みを本格的に開始
現在:複数社の経営にて、人材育成、教育、ITサービスなどを展開

 

目標設定の動機・きっかけ
それは、自身の20代前半にさかのぼります。
大学卒業後、就職した大手企業を2ヶ月で辞め、
転職先のベンチャー社長に騙され、夜逃げされ、
借金と無職の肩書だけが残りました。
当時、社会人として頑張っている友人らに対し、
会社や残業だとかに対する不平不満を言っている姿ですらキラキラしたものを感じ、
無職の状態の孤独感や、社会と繋がっていることの意味合いを考えさせられました。
やり直そうと思いましたが、社会はそんなに甘くなく、
すぐに会社を辞めてしまった経歴に対して、いい顔はされません。
正社員に戻る難しさ、未経験という肩書に対する風当たりの強さを痛感しつつ、
アルバイトで借金を返すような日々を送っていました。
その後、友人の紹介で、これから会社を立ち上げるという社長のもとで、
未経験でも様々なチャレンジをさせてもらったことで、現在の自分がいます。

 

応援したい対象は、当時の自分自身を想定
・すぐに正社員や就職先を辞めてしまった。
・フリーター、無職という状況から脱したいがきっかけがわからない。
・経験を積みたいのに、経験者採用ばかりで先に進めない。
・単純作業のアルバイトでスキルが身についていないのではないかと将来が不安。
上記にあげたように、当時の自分のような人は沢山いると思います。
もっと身近に、気軽に、一歩を踏み出すきっかけに出会えてたらよかったな。
そんな想いから、目の前に、当時の自分自身がいる想定で未経験者の一歩を踏み出す事業に取り組んでいます。

 

会社経営における基本的な考え
・人に「場を与え、繋げ、拡げる。」